晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

国立近代美術館工芸館「パッション20」

北の丸公園にある国立近代美術館の工芸館が金沢に移転のため、現在開催中の「所蔵作品展 パッション20」が最後の展覧会となるとのことで、訪問。
 
f:id:akio422:20200202151209j:image

「工芸」ってなんだろう?と改めて思いました。美術との違い、現代アートとの境界、用の美、オブジェ、桃山復興。。。キャプションや受付でいただいた立派な冊子を読みながら、今までも様々な表現や考え方を模索されてきた工芸について考えながら鑑賞。結果よくわかんなくなってしまったのですが、それほどの多様性や広がりを感じて、そして自分の視野の狭さと知識の乏しさを感じました。
でも、この展示はすごく分かりやすくて、説明だけでなく優れた実物があるので、各時代の工芸へのパッションを感じながらもう少し読み解きたいので、再訪しようと思います。よって、感想らしいことが書けません。。。
ただ、各々の作品は技巧の高さや表現力など、知識がなくても圧倒される気迫ある良品揃いでした。


f:id:akio422:20200202151227j:image

f:id:akio422:20200202151248j:image

f:id:akio422:20200202151303j:image

f:id:akio422:20200202151320j:image

f:id:akio422:20200202151402j:image
f:id:akio422:20200202151339j:image