晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

「ミリアム・ハスケル~渡辺マリコレクション」アクセサリーミュージアム

こちらのミュージアムを初めて訪問した際、ミリアムハスケルコスチュームジュエリーを初めて見てその美しさと素晴らしさに衝撃でした。本当に素敵すぎる!ということで、コレクターの渡辺マリ先生のギャラリートークに申し込み、再訪、じっくり見てまいりました。

渡辺マリ先生は元々骨董屋さんで、ミリアムハスケルコスチュームジュエリーと出会い、数十年かけて収集されているそうです。ミリアムハスケルは今も会社があるそうですが、渡辺先生はミリアム・ハスケルがデザイナーのフランク・ヘスと一緒に制作していた時期のもののみ集めていらっしゃるとのこと。全て作品は糸やワイヤーで組まれていてボンドで接着していないため、修理やリフォームも可能なこと、想いを実現するためにパーツから全て発注していること(しかもアメリカ以外の国まで探して…)、作品の色が限定されてなく(シャネルなどはパターンがあるそう)様々な綺麗なカラーで作られていることなどが特徴だそうです。他にも着けた時にその人が美しく見えるように細やかな工夫が施され、また裏面まで綺麗に作り上げているそうです。もちろん当時から大人気でシャネルとも交流があったりと華やかに成功していましたが、ミリアム・ハスケルご自身は心の病を患い、途中からは退いてフランク・ヘスが会社を支えたそうです。

というようなお話や作品それぞれのエピソードや見どころなどを楽しくお話してくださって、ギャラリートークはあっという間でした。渡辺先生のオシャレもまた素敵で、主張のあるジュエリーとお洋服、全体のコーディネートが本当に素敵。さすが美しいものを扱ってる方だなと憧れてしまいます。
f:id:akio422:20181209141329j:image
f:id:akio422:20181209141435j:image
f:id:akio422:20181209141452j:image

(作品の写真は図録より)

ミリアム・ハスケルの素晴らしさと共に、日本では自由にジュエリーを楽しみ個性を表現している人が少ないなと思いました。私もこちらのミュージアムに来て、館長さんやスタッフの皆様がオシャレに大振りの個性豊かなコスチュームジュエリーを身に付けているのを間近に拝見し、私も!と作ったり、購入したり少しずつ増やしています。

いろんな意味で刺激を受け、価値観が変わる展覧会でした。お教室もありなんだかんだと3週連続訪問してしまいましたが、展示替えの後期もとっても楽しみです。