晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

世田谷美術館「濱田庄司展」

世田谷美術館濱田庄司展へ。
f:id:akio422:20180716101251j:image

こちらの美術館の最初の展示室の窓が見えるのは、私が訪問した中では初めて。
f:id:akio422:20180716101309j:image

夏の鮮やかな緑を背景に、大きい作品が3点。贅沢です。このおおらかな感じが濱田庄司っぽく感じました。
f:id:akio422:20180716101549j:image
f:id:akio422:20180716101624j:image
f:id:akio422:20180716101743j:image

濱田庄司は益子に拠点を置いた陶芸家で、柳宗悦河井寛次郎らと民藝運動を行い、日本民藝館2代目館長であり、益子に参考館を作り、人間国宝に認定され、文化勲章も受章されるなど、生涯とっても精力的に生きられた方。今回の展覧会は大阪の東洋陶磁美術館所蔵の濱田庄司と親交のあった堀尾幹雄さんが実際に使っていたというコレクションと、益子参考館の作品が展示されています。

 

濱田庄司は学校で板谷波山に窯業を学び、京都の市磁器試験場へ河井寛次郎を訪ね、その後自身もそこで働いた後、26歳でバーナード・リーチとイギリスに渡り、セント・アイヴスに窯を築きます。その当時、ディッチリングへ染織家エセル・メーレ夫人や彫刻家エリック・ギルを訪ね、その暮らしぶりに感動して、帰国後、益子を拠点に選ぶきっかけとなりました。

 

「彼らの落ち着きが、正しい暮らしなしでは得られないことに気付かされました」とキャプションにありましたが、この気付きからの濱田の生き方が、濱田の作品から感じる健やかで健全で、日常でしっかり働く器という印象を作ってるんだなと思いました。民藝は無名の工人が繰り返し作る過程に美が宿るみたいな解釈があり、作家がいるのはおかしいみたいな話を聞いたこともありますが、この濱田のライフスタイルが民藝なんだろうなと、私は思います。

20代で柳宗悦や富本憲吉らと出会い、京都や沖縄、イギリスで作陶し、どんどん濱田庄司の世界が出来上がり…

「私の陶器の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」という言葉を残していらっしゃいます。

ポスターの写真は作業衣を来て古民家みたいな住まいにいらっしゃいますが、お家にはイギリスの家具やイームズの椅子など西洋のものも多く、食べ物も国内外のいろいろなお料理を召し上がっていたそうです。いつもお客様があり、家族も職人さんも多くいて、いつも賑やかだったとのこと。お仕事も作業が早く、ささっと仕上げていたそうですが、「15秒プラス60年」とおっしゃられていたように、長年の研究や経験が築いた技術とフットワークの軽さ、お人柄、いろんな意味でパワフルな方だったんだろうなと感じます。

 

いい展覧会でした。

 

うるしの展覧会2つ

漆がテーマの2つの展覧会へ。

漆は茶道具などの工芸や日本美術の展示で見かけることが多いですが、漆だけを見ることはあまりなく、過去に岩手の浄法寺塗りの工房を見学させていただいたり、旅行先の新潟・村上で堆朱を見たり、また、正倉院展螺鈿の宝物を見たりというくらいでした。そのため、今回は貴重な機会。技法の違いなどの説明が多いこともあって勉強になりました。

 

根津美術館「はじめての古美術観賞―漆の装飾と技法ー」

こちらの美術館の「はじめての~」シリーズはキャプションが丁寧で、初心者でも作品を見ながら楽しく観賞できるので、何度か拝見しています。今回ももちろん充実でした。
f:id:akio422:20180714163644j:image

泉屋博古館 分館「うるしの彩り」

住友家に伝わるお宝のすごさ!琉球の漆や明治時代に万博など海外から評価が高かった是真の作品なども見られました。
f:id:akio422:20180714163700j:image

先日、松平不眛公の展覧会で見た、酒井抱一の下絵×原羊遊斎の漆のコラボ作品もあり、やはり素敵な組み合わせですね。

今回2つの展覧会を見て、技法の違いが分かったり、とっても美しいものをいっぱい見られて眼福でした。湿気で乾燥させるとか触るとかぶれてしまうとか、そんなややこしい素材を使ってあんなに美しいものを作り出せる知恵と技術の素晴らしさに本当、感激。漆の艶やかな光沢はとても品が良い美しさがありました。

私が好きなのは堆彫。漆を厚く塗り重ねて、それを彫るのが堆彫(色により堆朱、堆黒など)で、単色ではなく複数色を重ねて彫って下の色を出すとか、そもそもすごく固いので彫るのがとても大変らしく、それなのにあの細かさ!しかも高い漆をあんなに使って、なんて贅沢な…。

螺鈿も綺麗で好き。貝殻をあんなに小さく小さく切り刻んで貼り付けて模様にするなんて、なんて気が遠くなる…。きらきらして本当に綺麗。

蒔絵もあの艶やかな面に乾く前に誇りがついたり、絵を描き損じたら台無しなので、作るときの緊張感も半端ないでしょうし、管理体制もしっかりしてるんだろうなとか、本当に繊細なものばかり。

すごく綺麗で上品で、癒されました。


f:id:akio422:20180714163723j:image

泉屋博古館のある六本木一丁目の泉ガーデンのアガパンサスも綺麗。紫だけでなく、白もあるんですね。

 

大山崎山荘美術館 「ウィリアム・モリス展」

6月の晴れた日、京都にいたので大山崎山荘美術館へ。

f:id:akio422:20180624123550j:image
f:id:akio422:20180624123615j:image

大山崎山荘は実業家・加賀正太郎が自ら設計、デザインして建てた英国風の山荘で、1996年に美術館となり、アサヒビール創業者の山本爲三郎の収集したコレクションが中心です。山本氏が応援していた民藝の作家の作品や、モネの睡蓮が代表的な収蔵品で、山荘の方は企画展の他、民藝の作品が常設展示され、安藤忠雄設計の地下に作られた新館には睡蓮が展示されています。

私はこの美術館が好きで、関西在住時は度々訪問しておりました。安藤忠雄さんの建築を初めて見て体感し、サイン入りのご著書「建築を語る」をその場で買い求め熟読したり、ルーシー・リーの作品を初めて見たのも15年くらい前のこちらの山荘だったり、アメリア・アレナスさんの鑑賞会に参加し感激したのもこちらでした。久しぶりに訪ねましたが、やっぱり素敵でした。外観も格好いいですが、細部まで凝った内装や室内設備、デザイン、広々と緑豊かなお庭、テラスから淀川を一望する眺め…やっぱりいろいろ最高。

 

ウィリアム・モリス―デザインの軌跡」
f:id:akio422:20180627125807j:image

 (画像は大山崎山荘美術館HPより)

「役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない」というモリスの言葉が展示の最初にあって、いや本当にそうだよね…と思いながら、でもそんな風に選択せずに生きてる無自覚な自分を省みることから始まりましたが、動植物が素敵にデザインされた壁紙やファブリックを眺めているとこんな美しさにこだわった生活へ憧れが強くなっていきました。山荘の雰囲気にも合っていて、住生活って大切だなぁと改めて感じました。

 

有名な《いちご泥棒》
f:id:akio422:20180703210136j:image

いつ見ても小鳥の表情が愛らしく可愛い図案ですが、配色やデザインで落ち着いたシックな感じです。インディゴ抜染の藍地に赤や黄色を重ねた凝ったもので、しかも当時のインディゴの深い青色は天然染料のみから得られ、一般的な合成染料からは得られない色だったとので、モリスの気合いと努力を感じました。他にも多くの壁紙の展示があり、一部の図案はインテリア用として売ってもいるようです。

見事な刺繍のファブリックも多くあり、キャプションに「刺繍はもともと男女問わず行われてきた手工芸で、中世社会においては絵画や彫刻と同等の地位にあった」とある通り、芸術の域に達しており、どれだけの時間と手間がかかったのだろうかと素直に感動しました。

モリスについて書かれた分厚い本もずいぶん昔に読みましたが、すっかり忘れてるので参考資料を購入。写真がいっぱいなので眺めるだけでも楽しく、モリスの家も載っていて興味深いです。
f:id:akio422:20180703211753j:image

2階の小さい部屋で常設の民藝コレクションが少しありましたが、さすが支援者だけに厳選された素晴らしい作品をもってらっしゃると思います。特に黒田辰秋の《耀貝螺鈿茶入》が美しすぎて、またいつか見たいです。私は河井寛次郎は強烈に感じててあまり好きな作品はないのですが、こちらで見た作品は穏やかで初めて好きな印象を受けました。

 

モリスも民藝も山荘も、普段の生活に美しいものをという目線が同じで、生活に寄り添った健全な美しさを感じ、清々しかったです。

2018年7月16日(祝)まで。

 

 


 





 

「長谷川利行展 七色の東京」府中市美術館

普段Twitterで展覧会の情報とか感想とかを見ています。府中市美術館の「長谷川利行」展はとても好評でしたが、画家のこと知らないし府中遠いし…と完全スルーしてました。

でも、先日京都行った際、若い時から良くしていただいている喫茶店でマスターご夫婦にオススメいただき、一緒にスマホで画像を見ていたら実物を見たくなり、府中まで行って来ました。昨年末は同じ流れでオススメいただいて熊谷守一展へ行って感激したので、こちらも見ておくべき!って思ったので。

f:id:akio422:20180703223050j:image

絵は独学、家はなくて簡易宿泊所を転々とし、最後は路上で倒れ養育院で49年間の人生を終わる…。と書いてしまうと悲壮な感じもしますが、描かれた街の景色は人で賑わっていて、描かれた人も生き生きしていて、活気があり幸せな感じがします。そして、彼の絵を評価して応援してくれる人もいる。きっと、彼の人柄は一緒にいたくて、応援したくなるような魅力があるお人柄だったんだろうなと思いました。でもそんな幸福で賑やかな風景を切り取れるくらい、客観的な眼を持ち、自分を知っていたのではないかとも思う。

展示を見ただけではわかりませんが、これから図録を読み、また絵を眺めるのが楽しみな画家です。


f:id:akio422:20180703223102j:image

 

「琳派ー俵屋宗達から田中一光へー」山種美術館

山種美術館琳派俵屋宗達から田中一光へ」を見てきました。

f:id:akio422:20180703223236j:image

琳派って京都から発生した綺麗な絵で、宗達光琳、抱一とか…としか認識がなく、こんなに多くの人の心をつかんでいるのはなぜ?という疑問に答えてくれた展覧会でした。

宗達光琳→抱一は、世代が違って、流派も関係なく血縁もない。琳派は先人を私淑して、その作品を自らで発展させて継承していった点で他の流派とは異なり、その影響力は広く及んでいる。ということが分かり、有名な歴代の画家にも琳派の影響が見出せたり、戦前から日本のデザイン界の先頭を駆け抜けていった田中一光さんも琳派のエッセンスを吸収して自らのポスターをデザインされたりしていたそうで!

琳派の影響力の大きさを初めて理解できた展覧会で、行って良かったです。

修復完了してお披露目された、伝俵屋宗達《槙楓図》屏風

f:id:akio422:20180703223351j:image

この田中一光さんの自伝おもしろかったです。図録の大きさも軽くてちょうどいいですね。
f:id:akio422:20180703223419j:image

京都・寺町李青

京都・河原町今出川の住宅街に佇む素敵な李朝の喫茶店、李青さん。20代半ばに初めて伺い、こんなに素敵な大人なお店に入っていいものか?とドキドキしたものですが、ご縁あり近くに暮らすことになったので、当時は度々訪ねてこの上品で美しい空間を満喫したものでした。

こちらの2号店が寺町丸太町にオープンしたと聞いてから行ってみたくてやっと叶いました。寺町店は前はエスニック雑貨の巧さんだったところです。


f:id:akio422:20180716074201j:image
f:id:akio422:20180716074226j:image

寺町店は食器や韓国の布、ポジャギなど雑貨の販売もあり、店内のインテリアや活けてあるお花も雰囲気があり、オーナーのセンスが感じられる素敵なお店です。

事前にネットで見ていたら、東京にあった喫茶店李白さんから譲り受けた椅子なども置かれているようです。お店の奥に「李青」「李白」という焼き物が並んで置かれていて、2つのお店の関係に想いを馳せてしまいました。また、大きい白磁の写真が飾られていますが、これはクー・ボンチャンが民藝館の協力の下で撮影した作品かなと思いました。一昨年くらいにヒカリエでやっていたのを思い出しました。
f:id:akio422:20180716075101j:image

(写真はfashion-headline.comより)

https://www.fashion-headline.com/article/amp/7914

 

寺町店ではこちらのカルビサンドが食べたかったのですが、本当に美味しかった♥

見た目も美しく、お肉はもちろん、パンも野菜もドレッシングも美味しくて、またすぐに行きたいくらい。

f:id:akio422:20180716074244j:image

美意識が高い世界を五感で味わえるお店でした。オーナーもいらっしゃって、お変わりない美しさとエレガントさに背筋が伸びる思いでした。憧れるだけではなく、少しでもその美しい感性に近づけるよう努力しなきゃ。我が身を省みました。

日本民藝館 「柚木沙三郎の染色」

私は21歳くらいから民藝ファンです。最初は芹沢銈介大好きで、カレンダーや大判のハンカチみたいなの(お弁当を包んでた)など、いろいろ買い集めてました。倉敷のお店とかで「風」と染め抜かれた暖簾を見たりするとすごく憧れたものでした。実際、自分の家には飾るところはないですが。

f:id:akio422:20180703214659j:image

f:id:akio422:20180703214633j:image

柚木さんは芹沢さんのお弟子さんで、なんか似てるんだけど、全然違う?って認識でいました。柚木さんは大原美術館に就職して芹沢さんの作品を見たことがご縁となり、染色の道へ進まれたとか。今回初めてじっくり作品を見て、力強くてのびのびしていて、絵じゃなくて模様なのがすごくいいなと思いました。色も独特で、アフリカなどの民族的なお面や道具と並んで展示されているのがとっても調和していて、その存在感も見ていてとても楽しかったです。

ご本人が日曜美術館で、「うれしけりゃいいんだよ。うれしくなくちゃ人生じゃない」とか「毎日おもしろいからやる」「人が喜んだらこっちもうれしい」っておっしゃられていて、この作品たちはうれしさとか喜びから生まれてるのか!と思ったら、いいもの見たなーって思いました。これが仕事とか働くとか人生で大事な心なんだなと思いながら。

 

そして必ず寄ってしまう売店で買ったもの。河井寛次郎のシール可愛すぎる!ちょっといい雰囲気でお手紙書きたいとき用に因州箋のレターセットと買いました。

f:id:akio422:20180703214729j:image
f:id:akio422:20180703214750j:image

また、出品されていた作品の数点が岩立フォークテキスタイルミュージアムからでした。つい先日見に行ったばかりだったのでなんかうれしくなりました。柚木さんは岩立さんの学生時代の先生だったそうです。そのご縁が今も続き、お互いのライフワークでも結びついているとは本当に素敵。生きることの豊かさを感じた展覧会でした。


f:id:akio422:20180703214930j:image
f:id:akio422:20180703214958j:image


f:id:akio422:20180703215030j:image