晶の東京日記

本とか美術のこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

京都。私の好きなお店とか、寺社仏閣とか、宿とか。

京都行っていました。

オススメをピックアップして、ご紹介。

私はリーズナブルな普段使いのお店が中心なので、とっておきのお店とかは出て来ません。

 

~美味しいもの~

東福寺駅近くの「いづ松」さんの京寿司盛り合わせ。1500円(税別)盛り付けも涼やか。

f:id:akio422:20170803000533j:image
f:id:akio422:20170803000638j:image

ご主人は祇園のいづうさんで修行されたとのことで鯖寿司が有名ですが、鯖寿司はもちろん、全て美味しかったです。具がしば漬けと大葉で昆布が巻かれた手前から3つ目のが絶妙な組み合わせで気に入りました。幸せ。
f:id:akio422:20170803000955j:image

佳つ乃さんのうちわ
f:id:akio422:20170803001035j:image
f:id:akio422:20170803062354j:image

いづ松

食べログいづ松

 

あとは、ますたにさんのラーメン。北白川行こうかと思いましたが、暑い中で並びたくないから、伊勢丹の拉麺小路で。


f:id:akio422:20170803234834j:image

 

有名なおやつ。

出町ふたばの豆餅と阿闍梨餅も。
f:id:akio422:20170806234915j:image


f:id:akio422:20170806235009j:image

いつもは進々堂のチーズケーキデニッシュも食べますが、三回くらい見たけど巡り会えず、残念。
イノダコーヒーも久しぶりに。大丸地下へ。

最近は東京にも横浜にもありますね。
f:id:akio422:20170806235105j:image

 

~観光~

東福寺に20年ぶりくらいに行ってみました。

お庭、カッコイイ!!
f:id:akio422:20170803000853j:image
f:id:akio422:20170803000923j:image
f:id:akio422:20170803001100j:image
f:id:akio422:20170803004557j:image

目的は勝林寺での写仏です。

描く仏様を選んで、ひたすら筆ペンでなぞること約1時間半。難しいけど集中できて、集中すると気づきもあって、いい時間に。終了後はお抹茶出してくれました。

f:id:akio422:20170803004640j:image
f:id:akio422:20170803231033j:image
f:id:akio422:20170803004747j:image

この透明なのが、超美味しくて、翌日買いに行きました。永楽屋さんの「琥珀 柚子」。
f:id:akio422:20170803063441j:image

オンラインショップあります。

http://shop.eirakuya.co.jp/ja/item/72/

 

毎度必ず行くところ。下鴨神社
f:id:akio422:20170803233806j:image
f:id:akio422:20170803233823j:image
f:id:akio422:20170803233845j:image

干支のお守り可愛いですね。おみくじ大吉。

f:id:akio422:20170806234823j:image

 

~番外編~

ちょうど花園大学(円町)で公開講座があり、最近とっても売れてる新書『応仁の乱』の著者・呉座勇一先生の講座を無料聴講してきました!読み始めたばかりなのでとても興味深く。。。お話も面白い先生でした。来ていた方はほとんどがシニア層。たくさんの人でした。

印象的だったのは「真実はシンプルなものだと思われてるけど、現実は複雑で難解なもの」という言葉。確かに。。。でも、その後「だから、本も難しいと言われます」って言っててウケました。
f:id:akio422:20170803234253j:image

 

~宿~

安定のアンテルーム京都。

九条なので少し離れてますが、デザインホテルでオシャレなのがいいし、スタッフの方々がどなたもいつでも親切で、2011年から泊まってますが快適さしかありません。
f:id:akio422:20170803065535j:image
f:id:akio422:20170803065830j:image
f:id:akio422:20170803070055j:image
f:id:akio422:20170803070112j:image
f:id:akio422:20170803070131j:image
f:id:akio422:20170803070148j:image
現在、不動産の仕事に就いてるので、物件確認のように、くまなく写真を撮りまくるのはもう習慣。

設備や備品、共用部分もオシャレで、室内や廊下にもアートがあり、エントランスはギャラリーになっているので楽しいし、快適です。

宅急便送るとき、すぐに箱も用意してくれました。ヤマト運輸の京都バージョン段ボール可愛いですね。
f:id:akio422:20170806234138j:image

 

ただ、やっぱり八条以北にあったらなぁという想いはいつもあります。観光するのにバスのルートから外れているし、交通費も若干かかります。ただ、設備や内装に比べて宿泊費は安いので吸収できる範囲。街中と違って近くに飲食店がないけど、それもホテル内にオシャレなカフェバーがあるので出る必要もないかも。

 

ということで、総合的に見て、一番気に入っている宿です。

 

京都 お手頃で美味しいお土産選び

京都にも東京神奈川にも友人知人がいるので、行きも帰りもお土産選び。お土産運んでるみたいです。。。

【私のよく使うお土産紹介】

●東京・神奈川から関西へ

西光亭さんのくるみクッキー(夏バージョン)
f:id:akio422:20170803232432j:image

鎌倉紅谷さんのクルミッ子
f:id:akio422:20170803232445j:image

鳩サブレも喜ばれます。かさばるけど。

それと、ウエストのお菓子も美味しくて包みが上品なので使います。

 

●京都から関東へ

コスパが良くてオススメの、安定の「抹茶」とか「八ツ橋」。

数が必要な時は辻利さんのこちら。

21本入りで700円(税別) ×2。クッキーとクリームのどっちが抹茶味かという違いです。
f:id:akio422:20170803232531j:image

個別に渡すのは西尾さんのこちら。5個入りで250円(税別)。他の味もあるのですが、今回は定番のニッキで統一。
f:id:akio422:20170803232655j:image

夕子さん、おたべさんの5個入りはパッケージが可愛いためか、100円くらい高いです。

満月さんの阿闍梨餅も喜ばれますね。

 

今回発見の永楽屋さんの柚子琥珀もなかなか東京では買えない(オンラインショップあり)お土産です。すごく美味しくて、今回一番暑ヒットです。

http://shop.eirakuya.co.jp/ja/item/72/
f:id:akio422:20170803232835j:image

右が柚子琥珀。左は椎茸の佃煮と昆布の佃煮。 

当日食べるなら、出町ふたばの豆餅180円もすごく美味しいですね。
f:id:akio422:20170805194147j:image

 

甘いの嫌いな人には今回ビール。一番搾り「京都に乾杯」。
f:id:akio422:20170803233045j:image

小倉山荘のお煎餅も美味しいですね。

東京で手に入れにくいメーカーのお漬け物とかちりめん山椒もいいですね。

 

本当に京都は美味しいものばかり。

いっぺんに探すなら、四条の大丸の地下一階とか、京都駅八条口が便利でした。

 

6月見た展覧会。長沢節展、ソール・ライター、ジャコメッティなど。

今月はいつも以上に展覧会に行っていました。

いつも解説読んでもすぐ忘れちゃうし、知識もないので、

「なんかいいかも。好きな感じ!素敵すぎるー!」くらいの感覚で

展示を見ているのですが、この好きとか綺麗とか格好いいって思うことを

たくさん感じられることが私の鑑賞する意味です。

それなので、どんなに希少価値があり、評判が高くても

興味がないものは見てないです。

見るときは作者の生まれ年を最初にチェックして、

この作品は何歳の時のなんだなと確認しながら見ています。

 

6月に見たのはどれも本当に良かったなぁ。

 

弥生美術館『生誕100年 長沢節展』
f:id:akio422:20170628214322j:image

描かれた男女はとても格好良く、躍動感があってお洒落な空気感でした。

学校の建物や私室の写真、水彩の風景画…全てに美意識の高さを感じました。

本当に素敵。

セツモードセミナーで学ばれた方々は、長沢節先生の感性や生き方に

惹かれていらっしゃったのかもしれないな、豊かな人生だなぁと思いました。

f:id:akio422:20170628214406j:image
f:id:akio422:20170628214427j:image
f:id:akio422:20170628214523j:image

とってもカッコイイ!

 

Bunkamuraザ・ミュージアム『写真家 ソール・ライター展』
f:id:akio422:20170628215455j:image

見て良かったとすごく感じた展覧会。

また一人好きなアーティストが増えました。

風景の切り取り方、ストーリーを感じる風景…

日常なのに美しくて切なくも見えてしまいました。

f:id:akio422:20170628215520j:image

中でも私は、ファッション誌の写真が好きです。

f:id:akio422:20170628215551j:image


f:id:akio422:20170628215909j:image

 

横浜美術館『ファッションとアート 麗しき東西交流』
f:id:akio422:20170628220026j:image

美しいものたくさんで…眼福の展覧会。豪華な刺繍を施されたりと素敵なドレスはもちろん、蒔絵の施された家具、

宮川香山の焼き物、ルネラリックのガラス、ゴーハム社のカトラリー、

指輪や簪、帯留…綺麗なものばかりの夢の世界。

美しいものたくさんで…眼福の展覧会でした。

f:id:akio422:20170628220121j:image
f:id:akio422:20170628220142j:image

f:id:akio422:20170628220210j:image

横浜美術館のコレクション展の中で一番好きなブランクーシ

いつ見ても好き。
f:id:akio422:20170628220318j:image

国立新美術館ジャコメッティ展』
f:id:akio422:20170628220334j:image

ジャコメッティが距離感や空間を捉えようと挑戦した結果が細長い人たちだったり、

眼差しを表現しようとして作品を制作していたと知り、

芸術というのは、そこまでをも表現しようと挑んでいる

作家の人生の全てだなぁと感慨深くなりました。

f:id:akio422:20170628220426j:image
f:id:akio422:20170628220516j:image
f:id:akio422:20170628220540j:image

ジャコメッティさん、こんな方なんですね。
f:id:akio422:20170628234249j:image

 

根津美術館『はじめての古美術鑑賞 紙の装飾』
f:id:akio422:20170628220718j:image

書の展示は書かれている文字は解読できませんが、

美しい筆跡が並んでいるのを眺めるだけで美しいものを見ている気分に

いつも勝手になっています。

その美しさは「紙」によることも大きいのかもしれないと

改めて感じた展覧会でした。

染めたり、色を漉き込んだり、紙や箔を重ねたりなど、

様々な技法で紙を美しく加工して大事なことを書いて保管してきたのも

すごいことだなぁと感じ入りました。

f:id:akio422:20170628220738j:image
f:id:akio422:20170628220756j:image

 

2017年前半は心のままにいろいろ見て感動したりできたので、

いい充電期間になりました。

 

 

 

私にとっての働く理由

最近ドトール大好きなので、今日もランチはドトールでした。

近くの席に人事担当と思われるおじさんと、若い女子社員がお茶をしていて、

声が大きかったので話がちょっと聞こえてしまいました。

女子社員の方が職場のストレスで体調を崩してしまい、

人事から異動を提案している様子。。。

最初の話し掛け方、相手を労り大切な存在だと伝える話し方、

そこからのベストな方法としての異動の提案、

さらには悩みを打ち明けられて傾聴する姿勢。。。

素晴らしすぎてびっくりしました。

こんな方が人事にいたら、安心だなあと。

 

そしてまだまだ修行が足りませんが、私もこんな人になりたいんだと、

自分の心に抱いている願望を再確認。

感謝と共に、彼女の転機が幸福に繋がることを願っています。

 

私は毎日仕事をしながら、向かいの席の後輩女子の想いを聞いてます。

上司が考えてることも、一緒のランチタイムに聞いたり、

先輩や他部署の人の話も聞きます。

そして、仕事が不動産の賃貸管理なので、入居者の方、オーナーさん、

仲介や工事などを担当するなど様々な業者さんとも話します。

怒られたり謝ったりすることもいっぱいありますし、

こちらの不足ももちろんあります。

でも、話を聞いてもらいたいんだなとか

気持ちを受け止めて欲しいんだなとか、そういう時もあります。

 

私は不動産だけではなく、来店型保険ショップとか、

アパレルも企画やパタンナー、生産などいろんな業界・会社で働いてきましたが、

相手(市場とか)が何を求めていて、そこに自分が何を提供できるか?

それがどこでも大切なことで、それをするのが仕事かなと思っています。

 

働くことは人それぞれに目的も意味も違うと思うので、

何が正しいかは自分次第だし、自分で決めて試行錯誤の上、

掴んでいくものだと思います。

 

業界や職種として、なにかのプロフェッショナルを目指していると

いうわけではありませんが、目の前の相手の要望を受け止め、

応えていける、そんな働き方をしていきたいです。

 

いろんな業界、会社で働いてるのは、数年前までは、

面接でもキャリアが中途半端だとか言われていましたが、

ここ数年は否定的な声より、肯定的な反応が増えました。

実際、異業種でも同じだと共感できる部分あり、未知のこともあり、

次の仕事に生かせることもいろいろありました。

最近は働き方は変わりつつあり、選択肢も増えていることを

肌で感じているこの頃です。

これからは副業したり、いくつもの仕事をする人も増えてくると思います。

だからこそ、どこにいてなにをしていても、ブレない自分の軸を

育てながら働いていたいと思います。

 

それと…

人はなにか見えない力で動かされているような、

そして必要なことはすべて経験するように仕組まれていると、

常々感じています。

だからこそ、自分がやりたいと感じることに間違いはないと思います。

だから、やりたいことをやっていっていいと思っています。

 

それなので。

今日の素敵な人事のおじさんみたいになりたい理想を意識しつつ、

未来に繋がると信じて今の現実と向き合ってる私。

そう考えることで、焦りが消えて今を肯定できます。

自分に余裕とゆとりがないと先にはいけないと思うので、

自分にも優しくしつつ、理想を叶えていきたいと思っています。

 

働き続けることは楽しいばかりではありませんが、

ふと振り返った時に、たくさんの素晴らしいものを得てきたことに気づき、

それがなによりの宝物。

だから働くって楽しいんだと思います。


f:id:akio422:20170425233050j:image

 

 

いくつになっても

昨日4月22日、誕生日でした。

いろいろとお祝い、メッセージ、プレゼント、食事など…

本当に感謝でいっぱいです。


f:id:akio422:20170423213141j:image

ポストにお手紙届いてると、幸せな気持ち。


f:id:akio422:20170423214611j:image

意外なサプライズメッセージ、嬉しかったです。

ありがとうございます(*^^*)


f:id:akio422:20170423214631j:image

やっぱり美味しいものもいっぱい集まってきて。

ワインにお花が入ってるんです。


f:id:akio422:20170423221153j:image


f:id:akio422:20170423215109j:image

隠れ家的な素敵なお店を教えてもらったのも嬉しいプレゼント。

 

会社でインターンの大学生女子が

「お誕生日おめでとうございます。ケーキ食べましたか?」

って真顔で聞いてきたので、「可愛いーー!!」ってなりました(笑)

いつしかそういうことしなくなってたけど、彼女のお誕生日には

忘れずにケーキ買ってあげたいです。

 

年々思うようになってきましたが、

生まれてきていろんなことを体験したり、喜怒哀楽や、それだけじゃない

たくさんの気持ちを味わうという、私たちの当然と感じる毎日を

普通に過ごすことこそ、人生の目的のような気がします。

 

それなので、生まれてきたことに感謝、そしてこの人生で巡り合う人、

与えられている環境にも感謝の気持ちを感じ、

そんな自分の人生を楽しみたいと、例年以上に感じました。

今42歳なので、50歳になった時を意識するように。

どう年をとっていくか、分岐点にいる気分です。

 
f:id:akio422:20170423215645j:image

「素敵な人になりたい」って言っても、素敵な定義が曖昧になりがちですが、

この松浦弥太郎さんの本『さよならは小さい声で』は、

素敵な人が何人も出て刺激を受けます。

素敵な人、見習いたいし、出会っていきたいし、見合うような

自分になりたいと思いながらゆっくり読んでいます。

 同時に人の素敵な部分を見いだせるようでありたいです。

 

f:id:akio422:20170423220117j:image


f:id:akio422:20170423220228j:image

この白い花『コデマリ』といい、4月22日の誕生花とのこと。

京都に住んでいる時、30歳の誕生日に友達がコデマリ

鴨川の脇に咲いてたお花で作った花束をプレゼントしてくれて、

誕生花だと教えてくれました。

花言葉は「優雅」「品位」「努力する」。

好きな言葉です。

コデマリを見て、彼女を思い出し、花言葉のようになれたらなと

今年も幸せに年を重ねられることに感謝しています。

 

 

 

 

 

「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」を見に行きました。

書くのが遅くなってしまいましたが、始まってすぐ見に行きました。

東京国立近代美術館で開催中の「茶碗の中の宇宙―樂家一子相伝の芸術」


f:id:akio422:20170422093737j:image


f:id:akio422:20170422093547j:image

お茶については無知ですが、「もの」としての佇まい、美しさ、

そして樂家の個性豊かな歴代たちが今まで続いてきたことに

とても魅了されている樂家ファンなので、とても楽しみでした。

 

昨年、京都の樂美術館で三代道入だけの展覧会があり、

そちらもとても良かったです。

他の歴代についても改めて作品を知りたくなりました。

f:id:akio422:20170422095056j:image

f:id:akio422:20170422095034j:image

樂家の初代は長次郎。

豊臣秀吉の時代に侘び茶を確立した利休から依頼され、

赤樂茶碗(土色)と黒樂茶碗を制作したのが始まりです。

華やかで派手、豪快さが特徴の桃山文化の時代に、

装飾や誇張を抑えた黒一色のお茶碗。

利休の侘び茶の思想が表現された世界でした。

 

利休と出会い茶碗を製作する前の、獅子の作品。

長次郎  二彩獅子 (図録より)
f:id:akio422:20170422095835j:image

長次郎  黒樂茶碗 銘 大黒 (図録より)
f:id:akio422:20170422100222j:image
長次郎  赤樂茶碗 銘 無一物 (図録より)
f:id:akio422:20170422100152j:image

二代常慶は、長次郎の妻の祖父・田中宗慶の子でした。

田中宗慶は利休の側にいた人物であり、長次郎らと窯を築いたそうです。

展覧会では宗慶の作品も展示されています。

 

二代常慶は長次郎の茶碗を踏まえつつ、同時代の織部茶碗と

同じ時代の空気を取り込んだ、動きと変化をもつ茶碗が特徴で、

樂家の基盤を確立した人物。

 

三代道入は「ノンコウ」の愛称で親しまれている

現代にもファンが多いモダンな作風です。

茶碗に光沢があるのと、抽象的な絵などの装飾が特徴。

道入17歳の時、58歳の本阿弥光悦と交流が始まり、

光悦の芸術性や精神を学びつつも、自分だけのオリジナルな作風を

生み出していくという作陶に対する向き合い方が

その後の樂家の教えの主軸となっているとのこと。

道入の作品は、今見てもとても素敵!

 

道入  黒樂茶碗 銘 青山 (図録より)

f:id:akio422:20170422101914j:image

道入  赤樂茶碗 銘 鵺 (図録より)
f:id:akio422:20170422101829j:image

 

展覧会では、樂家と親しい関係にあった本阿弥光悦の茶碗もありました。

光悦は芸術面での影響の他、利休没後には将軍家や大名との

関係を取り持ち、樂家を大きく支えたとのことです。

光悦が茶碗を作るとこんな感じに。。。

歴代とはまた趣が異なります。

 

本阿弥光悦 赤樂茶碗 銘 乙御前 (図録より)
f:id:akio422:20170422102525j:image

 

四代一入は、初めて茶碗に具象的な絵を描いた人。

一入 樵之絵黒樂茶碗 銘 山里(図録より)
f:id:akio422:20170422162003j:image

描かれてるのは、樵(きこり)!

 

五代宗入は、尾形光琳・乾山の生家雁金屋からの養子で二人の従兄弟。

利休没後100年にあたり、初代長次郎に思いを寄せつつ、

独自の侘びの世界を表現。

 

六代左入は、五代宗入の娘婿として樂家の養子に。

樂家の外からやってきて新しく自由な作品を残したそうです。

 

七代長入は、六代左入の長男。

江戸中期に当たり、千家も三家に分かれて繁栄し、

茶の湯は町人層にも広がっていった時期でした。

長入の茶碗は大振りでやや厚造り、どっしりとした存在感が特徴。

 

八代得入は、病弱で26歳で家督を譲り、30歳の若さでこの世を去りました。

展覧会では得入の茶碗もしっかり並んでいます。

なんだか切ない。。。

 

九代了入は、八代得入の弟さん。

了入33歳の時、天明の大火に遭い、そこから樂家を再建した「中興の祖」。

了入は彫刻的な篦削りによる作陶が特徴。形がとっても格好いい!


了入 白樂筒茶碗(図録より)
f:id:akio422:20170422164832j:image

了入 赤樂茶碗 古稀七十之内(図録より)
f:id:akio422:20170422164921j:image
了入は79歳まで現役で作陶されたそうです。

一子相伝なので、得入が長生きしてたらこの了入の茶碗たちは

今見られなかったかもしれないと思うと、運命はあると感じてしまいます。

 

十代旦入は、九代了入の次男

お兄さんが若くして亡くなられたとのことで、また次男登場です。

江戸後期から幕末、明治に向かって華やかで技巧的・装飾的な

京焼が盛んになる時代に了入の篦削りの技法を装飾技法に

旦入は完成させました。

 

旦入 不二之絵黒樂茶碗(図録より)
f:id:akio422:20170422165838j:image

十一代慶入は、11歳で十代旦入の養子に。

慶入は大政奉還で幕府から明治に移り変わる時代に生きました。

欧化政策や幕藩体制の崩壊で、茶道の衰退、庇護者や愛好者を失うという

苦難に加えて、大火に遭い、樂家も大きい被害を被るという中で、

茶碗以外にも皿や鉢、懐石道具類など幅広く制作を行ったとのこと。

道入、了入に次ぐ名工として優れた技の持ち主とされています。

困難な時代に負けることなく、腕の良さで再建していくなんて、

とても仕事ができる家長ですね。。。

 

十二代弘入の時代も、引き続き茶道の衰退期に当たり、

苦労の時期を過ごした後、長次郎三百回忌を迎え、

その後ようやく茶道界に活気が戻ってくるという時期。

そのため、総体的に茶碗は小振りらしいです。

 

十三代惺入は、第一次世界大戦第二次世界大戦の混乱と苦難の時代を生き、

その中で茶道文化の繁栄に尽力、茶道研究雑誌を発行したり、

釉薬の研究に力を注いだ人。

また、南画など墨絵をたしなみ、漢詩や和歌などを学び、

文人的な教養を身につけて作陶に役立てたとのこと。

本当に茶道や文化を愛した人だったんですね。

惺入 黒樂茶碗 銘 若草(図録より)
f:id:akio422:20170422172122j:image

 

十四代覚入は、第二次世界大戦に従軍し、帰国後一人で樂家を立て直しました。

晩年に樂美術館を開館。無形文化財技術保持者に認定。

「伝統とは決して踏襲ではない。己の時代に生き、

己の世界を築き上げねばならない」という覚入の言葉通り、

覚入の新しい世界観の表現された茶碗に、樂家の継承しているものを感じます。

 

覚入 赤樂茶碗 銘 杉木立(図録より)
f:id:akio422:20170422173151j:image

覚入 色釉流水文赤樂平茶碗 銘 綵衣
f:id:akio422:20170422173211j:image

歴代それぞれの表現、個性が感じられて、樂家って面白い!

 

十五代吉左衞門は、今の当代。

東京藝術大学彫刻科卒業後、イタリア留学、帰国後作陶に入り、

1981年に襲名。国内外でご活躍中です。

 

当代の作品、たくさん展示されています。

正直なところ、十四代まで見たところで力尽きてしまったので、

もう一回、当代の作品メインで見に行ってくるつもりです。

なので、当代以降は今日は割愛します。

 

私は10年以上前、京都外国語大学で当代の講演を聞き、

イタリアの話だったと思いますが(もう忘れてしまいました)

すごいと思って樂美術館で作品を見ました。

ちょうど、お茶室で樂家のお茶碗を触って観賞する会でした。

最初は当代の作品を観賞していましたが、道入、了入など

歴代の有名な何人かを知り、今回で全員の作品を解説と共に見て

感慨深くなりました。

初代長次郎や先代たちに、歴代の作家たちが挑んでいるような、

でも、それぞれの時代を生き、自らの表現を行っていく

それが継承されていく樂家っておもしろいですね。

当代と篤人さんの今後もとても楽しみです。

5月に続きを書きたいです。

 

 

「茶の湯」展を見に行ってみましたが。。。

今年の注目の展覧会一つである

東京国立博物館 「特別展 茶の湯」を見に、

桜が綺麗な上野へ行って来ました。


f:id:akio422:20170412211710j:image


f:id:akio422:20170412211616j:image

国宝、重要文化財など名品が勢揃い!ということで、

始まった翌日にさっそく行ってみました。

展示されているものが多くて、かなりボリュームが。。。

前半見終わって、休憩してから後半を見ました。

 

第一章  足利将軍家の茶湯―唐物荘厳と唐物数寄

第二章  侘茶の誕生―心にかなうもの

第三章  侘茶の大成―千利休とその時代

第四章  古典復興―小堀遠州と松平不眛の茶

第五章  新たな創造―近代数寄者の眼

 

お茶の知識ゼロ、予習もなしで行ったので、なんかいまいち良く分からず。

お茶により芸術文化も発展し、時の権力者たちも

お茶の世界に惹き付けられて、何百年も前の品々が

未だ大切に受け継がれ、こうしてお茶とは無縁の私までも

観賞させてもらえてるのはすごいなと

壮大さにはため息でした。

 

綺麗なお茶碗もいろいろ出ていましたが、

やっぱり私は長次郎や道入や、光悦のが格好いいなと感じ、

でも小堀遠州の時代もなかなか素敵だなと思ってみたり、

お茶室に書の掛軸を飾るということを初めて知ったり、

他のお道具はどう使うかもわかんないので、ただ見ていました。

 

今日見たものがまたいつかなにかと繋がればいいなって思って。

綺麗なものやおもしろいものもいっぱい見られてよかったです。

出口近くの「近代の数寄者たち」が一番気になりましたが

疲れちゃって流してしまいました。

 

図録買っても読みきれないので、この本を。

f:id:akio422:20170412223124j:image

(縦向きにならない…)

 

これからテレビの特番や日曜美術館があるし、

復習を楽しみたいと思います。

 

観賞はこんな感じで不完全燃焼でしたが、

観賞後にお茶をした時に素敵なマダムと相席になり、

いろいろお話して下さって、そのほんの10分弱が楽しかったです。

 

アメリカ在住でお茶を何十年も習っていらっしゃること、

なにがあっても忘れて熱中できる、自分が入り込める世界

(お稽古や創作など)をもつことの大切さ、

尊敬する素敵な師を持つ幸せなど、心に響くことばかり。

茶道はお茶だけでなく、お花、絵や書、着物、料理とか、

総合芸術だから、機会があったら習ってみるのもいいわよ!と

お茶の魅力もお話して下さったり、

「そういうもの、ちゃんと見つかるわよ!お名前は?私は○○です。」

と素敵な笑顔で、展示室へ戻っていかれました。

 

ちょうど今、プライベートで考えてることにぴったりな

アドバイスみたいなお話も聞くことができて、

偶然なんだけど必然だと思ってびっくりしました。

展示室で観賞している中に時々ほんの数人、エレガントな方や

知性を感じる方がいらっしゃって、私もあんな風に年を重ねたい

っていう人がいらっしゃいますが、そういう方と

直接お話できて嬉しかったです。

コミュニケーションの取り方もスマートで素敵でした。

 

ミエコさん、またどこかでお会いできたらいいな。

私もそれまでに自分を耕して種まきして、育てていきたいです。

 

博物館から見えた上野公園の桜がとても綺麗でした。


f:id:akio422:20170412222517j:image


f:id:akio422:20170412222935j:image


f:id:akio422:20170412222950j:image