晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

「没後50年河井寛次郎展」パナソニック汐留ミュージアム

河井寛次郎の多様な作品が集められた展覧会を見に汐留へ。初めてこちらの美術館を訪れました。

f:id:akio422:20181104140759j:image

入口に代表作が次々写し出され、全部撮影してしまいました。かっこよくて。

f:id:akio422:20181104140640j:image

河井寛次郎の展覧会は2年前にも京都で見ていて、民藝館や京都の美術館、京都五条の河井寛次郎記念館などでも頻繁に見ているのですが、今回は初期の中国や朝鮮古陶磁の影響を受けた作品も展示されていて新鮮でした。


でも、民藝という割には強い個性が溢れている作品で、今まではなかなか馴染めずにいました。でも何度も見てると親しみを感じてくるものだと思いながら見てきました。

f:id:akio422:20181104140950j:image
f:id:akio422:20181104141119j:image
f:id:akio422:20181104141413j:image
f:id:akio422:20181104141447j:image
f:id:akio422:20181104141053j:image

河井寛次郎記念館からの木彫りたちも来てました。
f:id:akio422:20181104141251j:image

今回はこちらの書の言葉たちに魅了されました。精力的に仕事をしていた姿が浮かび、いろいろ思うことあり。
f:id:akio422:20181104141536j:image
f:id:akio422:20181104141700j:image

ご自身のコレクションも展示されていて、美しいものを選び、それらと暮らす生活を愛していた様子がうかがえました。

いいお顔の木喰仏さま、美しい白磁、黒田辰秋のネクタイ入れ。ネクタイは志村ふくみさんの作られたものも入っているようです。
f:id:akio422:20181104141726j:image
f:id:akio422:20181104141807j:image
f:id:akio422:20181104141744j:image

自分の美を追求して生きる姿を感じ、寛次郎さんを前より好きになりました。自分の描くように仕事をして、暮らしをつくる。そこに注ぐエネルギーの高さに圧倒された展覧会でした。