晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

「没後50年藤田嗣治展」東京都美術館とギャルリーためながと

夜の東京都美術館へフジタの展覧会を見に行きました。実はあんまり期待してなくて、海外で評価されてる画家だから見ておこうかな、このポスター素敵だしってくらいで行きました。
f:id:akio422:20181104211519j:image

見れば見るほど魅了されて。。。最後は切なくなってしまいました。

f:id:akio422:20181104142704j:image

たくさんの作品を残し、乳白色の女性の肌は美しく、いずれの作品も繊細でとても綺麗。ご本人もお洒落で、洋服や家具を手作りしたり、アンティークを収集したり、美意識の高い方だったようです。

日本で戦争画を描いたことで戦後は非難を浴び、日本を旅立った後は日本へ二度と帰ることなく、フランスでキリスト教の洗礼を受けてレオナール・フジタとして生きました。

日本を愛していたのに、日本とはすれ違っていて、今こんなに日本にファンがいるのが少し悲しいです。

展覧会を見てから上のポスターの写真《カフェ》を見ると切なくなります。会場でもしばらく作品の前で佇んでしまいました。

 

同時期に銀座のギャルリーためながでも回顧展がありました。

f:id:akio422:20181104142626j:image
f:id:akio422:20181104211340j:image

創業者の爲永氏との親交を垣間見て、先の展覧会で感じた切なさが少し癒された気持ちにました。

 

 没後50年って、河井寛次郎と同じ年に亡くなられたってことですね。全く違う人生。でも、両者とも美について妥協なく、一生を掛けて表現された人生。それが50年経っても感じられる作品を作り出し、見られることにも感動しました。