読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晶の東京日記

本とか美術のこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

私にとっての働く理由

最近ドトール大好きなので、今日もランチはドトールでした。

近くの席に人事担当と思われるおじさんと、若い女子社員がお茶をしていて、

声が大きかったので話がちょっと聞こえてしまいました。

女子社員の方が職場のストレスで体調を崩してしまい、

人事から異動を提案している様子。。。

最初の話し掛け方、相手を労り大切な存在だと伝える話し方、

そこからのベストな方法としての異動の提案、

さらには悩みを打ち明けられて傾聴する姿勢。。。

素晴らしすぎてびっくりしました。

こんな方が人事にいたら、安心だなあと。

 

そしてまだまだ修行が足りませんが、私もこんな人になりたいんだと、

自分の心に抱いている願望を再確認。

感謝と共に、彼女の転機が幸福に繋がることを願っています。

 

私は毎日仕事をしながら、向かいの席の後輩女子の想いを聞いてます。

上司が考えてることも、一緒のランチタイムに聞いたり、

先輩や他部署の人の話も聞きます。

そして、仕事が不動産の賃貸管理なので、入居者の方、オーナーさん、

仲介や工事などを担当するなど様々な業者さんとも話します。

怒られたり謝ったりすることもいっぱいありますし、

こちらの不足ももちろんあります。

でも、話を聞いてもらいたいんだなとか

気持ちを受け止めて欲しいんだなとか、そういう時もあります。

 

私は不動産だけではなく、来店型保険ショップとか、

アパレルも企画やパタンナー、生産などいろんな業界・会社で働いてきましたが、

相手(市場とか)が何を求めていて、そこに自分が何を提供できるか?

それがどこでも大切なことで、それをするのが仕事かなと思っています。

 

働くことは人それぞれに目的も意味も違うと思うので、

何が正しいかは自分次第だし、自分で決めて試行錯誤の上、

掴んでいくものだと思います。

 

業界や職種として、なにかのプロフェッショナルを目指していると

いうわけではありませんが、目の前の相手の要望を受け止め、

応えていける、そんな働き方をしていきたいです。

 

いろんな業界、会社で働いてるのは、数年前までは、

面接でもキャリアが中途半端だとか言われていましたが、

ここ数年は否定的な声より、肯定的な反応が増えました。

実際、異業種でも同じだと共感できる部分あり、未知のこともあり、

次の仕事に生かせることもいろいろありました。

最近は働き方は変わりつつあり、選択肢も増えていることを

肌で感じているこの頃です。

これからは副業したり、いくつもの仕事をする人も増えてくると思います。

だからこそ、どこにいてなにをしていても、ブレない自分の軸を

育てながら働いていたいと思います。

 

それと…

人はなにか見えない力で動かされているような、

そして必要なことはすべて経験するように仕組まれていると、

常々感じています。

だからこそ、自分がやりたいと感じることに間違いはないと思います。

だから、やりたいことをやっていっていいと思っています。

 

それなので。

今日の素敵な人事のおじさんみたいになりたい理想を意識しつつ、

未来に繋がると信じて今の現実と向き合ってる私。

そう考えることで、焦りが消えて今を肯定できます。

自分に余裕とゆとりがないと先にはいけないと思うので、

自分にも優しくしつつ、理想を叶えていきたいと思っています。

 

働き続けることは楽しいばかりではありませんが、

ふと振り返った時に、たくさんの素晴らしいものを得てきたことに気づき、

それがなによりの宝物。

だから働くって楽しいんだと思います。


f:id:akio422:20170425233050j:image