晶の東京日記

本とか美術のこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

「茶の湯」展を見に行ってみましたが。。。

今年の注目の展覧会一つである

東京国立博物館 「特別展 茶の湯」を見に、

桜が綺麗な上野へ行って来ました。


f:id:akio422:20170412211710j:image


f:id:akio422:20170412211616j:image

国宝、重要文化財など名品が勢揃い!ということで、

始まった翌日にさっそく行ってみました。

展示されているものが多くて、かなりボリュームが。。。

前半見終わって、休憩してから後半を見ました。

 

第一章  足利将軍家の茶湯―唐物荘厳と唐物数寄

第二章  侘茶の誕生―心にかなうもの

第三章  侘茶の大成―千利休とその時代

第四章  古典復興―小堀遠州と松平不眛の茶

第五章  新たな創造―近代数寄者の眼

 

お茶の知識ゼロ、予習もなしで行ったので、なんかいまいち良く分からず。

お茶により芸術文化も発展し、時の権力者たちも

お茶の世界に惹き付けられて、何百年も前の品々が

未だ大切に受け継がれ、こうしてお茶とは無縁の私までも

観賞させてもらえてるのはすごいなと

壮大さにはため息でした。

 

綺麗なお茶碗もいろいろ出ていましたが、

やっぱり私は長次郎や道入や、光悦のが格好いいなと感じ、

でも小堀遠州の時代もなかなか素敵だなと思ってみたり、

お茶室に書の掛軸を飾るということを初めて知ったり、

他のお道具はどう使うかもわかんないので、ただ見ていました。

 

今日見たものがまたいつかなにかと繋がればいいなって思って。

綺麗なものやおもしろいものもいっぱい見られてよかったです。

出口近くの「近代の数寄者たち」が一番気になりましたが

疲れちゃって流してしまいました。

 

図録買っても読みきれないので、この本を。

f:id:akio422:20170412223124j:image

(縦向きにならない…)

 

これからテレビの特番や日曜美術館があるし、

復習を楽しみたいと思います。

 

観賞はこんな感じで不完全燃焼でしたが、

観賞後にお茶をした時に素敵なマダムと相席になり、

いろいろお話して下さって、そのほんの10分弱が楽しかったです。

 

アメリカ在住でお茶を何十年も習っていらっしゃること、

なにがあっても忘れて熱中できる、自分が入り込める世界

(お稽古や創作など)をもつことの大切さ、

尊敬する素敵な師を持つ幸せなど、心に響くことばかり。

茶道はお茶だけでなく、お花、絵や書、着物、料理とか、

総合芸術だから、機会があったら習ってみるのもいいわよ!と

お茶の魅力もお話して下さったり、

「そういうもの、ちゃんと見つかるわよ!お名前は?私は○○です。」

と素敵な笑顔で、展示室へ戻っていかれました。

 

ちょうど今、プライベートで考えてることにぴったりな

アドバイスみたいなお話も聞くことができて、

偶然なんだけど必然だと思ってびっくりしました。

展示室で観賞している中に時々ほんの数人、エレガントな方や

知性を感じる方がいらっしゃって、私もあんな風に年を重ねたい

っていう人がいらっしゃいますが、そういう方と

直接お話できて嬉しかったです。

コミュニケーションの取り方もスマートで素敵でした。

 

ミエコさん、またどこかでお会いできたらいいな。

私もそれまでに自分を耕して種まきして、育てていきたいです。

 

博物館から見えた上野公園の桜がとても綺麗でした。


f:id:akio422:20170412222517j:image


f:id:akio422:20170412222935j:image


f:id:akio422:20170412222950j:image