晶の東京日記

本とか美術のこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

4月1日。入社式の時期に思い出すこと。

今日は4月1日。

社会人になって20年くらい経つけど、自分が新卒で入社した会社の

入社式の日のことを、4月1日には毎年毎年思い出します。

 

結婚式場としても有名な会場に全社員が集まり、

社長からのお話や、新人一人一人の壇上での自己紹介のある

一般的な内容の入社式でした。

 

式の後から1ヶ月ほどは、同期40人ほどで研修となりましたが、

その式の直後の一番最初の課題が今でも忘れられません。

6人ほどのグループに分かれて、出された課題は。。。

 

「入社式でお話いただいた社長のお話を再現してください」

 

各自とったメモを見せ合い必死に思い出し、グループで、

そして最後に全体でお話を再現しました。

人の話をしっかり聴くこと、メモをとることの大切さはもちろん、

全てが実務へ繋がっていくということや緊張感を持つことを

初日から身をもって実感させられました。

 

肝心なお話の内容は、残念ながら忘れた部分もありますが、

毎年2つのことはいつも思い出しています。

 

「3月31日まではお金を払う世界、4月1日からはお金をもらう世界です。」

学生から社会人になる意識の変化について、

そして、「邂逅(かいこう)」という言葉について。

 

今でも、4月1日がくると思い出してしみじみします。

新しい世界へ移る時、また、仕事として対応させていただく時にも、

自分の置かれている立場や姿勢を、出会いの意味を考えます。

新社会人の私に大切なお話と研修を授けて下さった

当時の会社と社長には感謝の気持ちが年々増していて、

きちんと恩返しする前に退職してしまったことに

申し訳なさも感じてます。

だからこそ、今いる場所でしっかり生きようと、

いくつになっても毎年気持ち新たに思う4月1日。

 

今年は土曜日なので、3日の入社式が多そうですね。

新社会人の皆様の毎日が充実した楽しい日々になりますように!

 


f:id:akio422:20170401225059j:image