晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

2016年 心に残った展覧会

早いもので今年もあと1日。

年頭に「2016年は月に2回展覧会を見に行く」

という目標を立てました。

2015年は1年に3回くらいしか行ってないので。。。

(サイ・トゥオンブリーとブルガリ、蕪村と若冲しか思い出せません。 

今年は振り返ってみたら30回近く行っていました。

f:id:akio422:20161231000044j:image

目標達成はしてますが、もっと見たかったなぁ。

 

ということで、今年見た展覧会を記録しておきたいので、

心に残った順番に振り返りたいと思います。

 

①『志村ふくみ 母衣への回帰』世田谷美術館
f:id:akio422:20161231012247j:image


f:id:akio422:20161231090059j:image


f:id:akio422:20161231090129j:image

前期、後期で作品が大きく入れ替り、2回訪問しました。

今回も、植物から染め出せるたくさんの美しい色、

進化し続けるデザインとセンスの素晴らしさ、

そしてそこに現れる志村さんの好奇心と知性に

すっかり心奪われました。

書籍も魅力的なので、たくさんお買い物した展覧会でした。

 

②『村上隆スーパーフラット・コレクション』横浜美術館


f:id:akio422:20161231012435j:image


f:id:akio422:20161231012612j:image

今まで村上さんのことよく知らなくて近寄りがたかったのですが、

年始一番最初に森美術館の五百羅漢図展を見て以来感じた

やろうとしてることの壮大さと、半端ない実行力、

今までのパワフルすぎる足取りを垣間見て、なんかこの人凄すぎる!

というのを、このスーパーフラットコレクションで

思い知りました。

図録予約したら良かったなぁ。。。

今から1万円払って買うか真剣に悩み中。

 

③『三代 樂 道入・ノンカウ展』 樂美術館(京都)

f:id:akio422:20161231013723j:image

樂家当代(15代吉左衛門氏)の作風が好きですが、

道入もずっと気になっていました。

京都旅行と道入だけの展覧会の時期が重なったので

願ってもないチャンス!で、道入ワールド堪能しました。

道入は歴代の中でもモダンですっきりした格好いい作風です。

樂美術館は雰囲気もいいので、美術館としてもお気に入り。

 

④『生誕300年記念 若冲展』 東京都美術館
f:id:akio422:20161231012723j:image


f:id:akio422:20161231012955j:image

やっぱり若冲は良かったです。

始まってすぐの平日に行ったので90分待ちでしたが、

大混雑の疲れを忘れるくらい素晴らしかったです!

特に全幅揃った動植綵絵の美しさには、うっとりしました。

この展覧会あたりから、Twitterで美術好きな方々と

ご縁が繋がってきたので、そういう意味でもうれしい展覧会でした。

 

⑤『マリメッコ展』 Bunkamuraザ・ミュージアム
f:id:akio422:20161231013043j:image

可愛らしいだけじゃないマリメッコの世界観に感動しました。

テキスタイルも魅力的ですが、服のデザインも、

マリメッコで働く方々も、個性が大切にされていて

企業としてもおもしろいですね。

幸せな気分になれた展覧会でした。

インテリアやファッションをマリメッコ風にしたい衝動に

かられました。

Bunkamuraもオンラインチケットの時、半券くれたらなぁ。

私もウニッコのチケットが欲しかったです。

 

⑥『安田靫彦展』東京国立近代美術館
f:id:akio422:20161231012909j:image

安田靫彦さんの絵は透明感があって綺麗だなと

改めて感じた展覧会でした。

「美しかった」しか感想がないです。

聖徳太子を描いた夢殿と、このパンフレットの絵、

滋賀近代美術館にあるこの作品が好き。


f:id:akio422:20161231095859j:image

 

⑦『MIYAKE ISSEY展』国立新美術館
f:id:akio422:20161231013112j:image


f:id:akio422:20161231090941j:image

造形として面白くて格好いいのに、着るとセクシーになる

っていう三宅一生さんの服の魅力と、印刷物、映像、

展示と全てにおいてハイセンスで素敵すぎました。

 

⑧『ルノワール展』国立新美術館


f:id:akio422:20161231014004j:image

f:id:akio422:20161231013235j:image

こんなにたくさんのルノワールを見たのは初めてでした。

楽しそうだったり嬉しそうな人々や美しい景色や花ばかりで、

絵を見るっていいなぁと単純に幸せな気持ちになりました。

女の子に抱かれた猫の顔が好きですが、この絵にある

ストーリーを知り、切ない気持ちになりました。

 

⑨『PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服』三菱一号館美術館


f:id:akio422:20161231130038j:image


f:id:akio422:20161231130031j:image

初訪問の美術館でしたが、建物とドレスの雰囲気が

とても合っていて雰囲気にまずやられました。

華やかなドレスが時代ごとに並び、細かい装飾や職人技も

じっくり見られて、満足度が高かったです。

 

⑩『はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション』国立新美術館


f:id:akio422:20161231014128j:image

大好きな大原美術館がそのまま東京で見られたのが嬉しかったです。

エル・グレコもセガンティーニも虎次郎もいいですが、

ここにある古代オリエントのものと民藝の作品は

本当に素晴らしくて好き。

 _____________________________________________________

 

他にも

根津美術館の中国陶磁勉強会

横浜美術館のメアリー・カサット展

出光美術館の東洋・日本 陶磁の至宝

もとっても良かったです。

 

訪問数は全体的に少ないですが、陶磁器の割合が高く、

また、今年はファッションの展覧会も楽しみました。

絵画よりも使ったり着たりするものや立体のものが好きみたいです。

 

また展覧会ではありませんが、目黒区美術館でのデザインキャンプで、

島崎信先生とイームズの古いフィルムを見たり、

ハーマンミラーストアで、イームズや同時代、現代の椅子を

座り比べたりした2日間もとても楽しかったです。


f:id:akio422:20161231093531j:image


f:id:akio422:20161231093554j:image


f:id:akio422:20161231093648j:image


f:id:akio422:20161231093727j:image

 

今年は年始に五百羅漢図展、春にスーパーフラット

暮れの12月28日にカイカイキキギャラリーで

村上さんと奈良さんの

現代陶芸についてのトークショーをお聞きすることができて、

2016年は実は村上隆さんに一番心を揺さぶられたと思います。

あの考え方をもっと知りたい。。。

 

2017年楽しみにしてる展覧会

十和田市現代美術館村上隆スーパーフラットコレクション

東京国立近代美術館の茶碗の中の宇宙、樂家一子相伝の芸術

東京国立博物館茶の湯、運慶

横浜美術館のファッションとアート 麗しき東西交流

京都国立近代美術館の技を極める ヴァンクリーフ&アーペル

国立新美術館ジャコメッティ展、安藤忠雄展、草間彌生

など。

 

来年も展覧会を楽しみ、感性豊かに過ごしたいです。

今年はどうもありがとうございました。

良いお年をお迎えください。