晶の東京日記

本とかアートのこと。東京にいる間は東京を楽しみたい。

青花の会工芸祭2020「生活工芸以降の工芸」

青花の会の工芸祭2020「「生活工芸」以降の工芸」を見に行った。タイトルは難しい感じがしたけど、ギャラリーが集まって、参加されたギャラリーが同じテーマから個々に表現されるのをを見られるのが貴重な機会と思った。何かを買う、買いたいとかより、見た…

東京オペラシティアートギャラリー「白髪一雄」

東京オペラシティアートギャラリー「白髪一雄」を見に行きました。 すごかったけど、思ってたより激しくなかった。 自分の中でジャクソンポロックと混ざってしまっていたところがあって、今回、初期作品から見ていって、年表で生涯を辿り、白髪さんの内側の…

文化学園服飾博物館「ひだ 機能性とエレガンス」

文化学園服飾博物館の「ひだ 機能性とエレガンス」を見に行きました。ひだと総称している中に、プリーツ、ギャザー、タック、シャーリング、フリル、そしてドレープも含まれて、ひだのある服が勢揃い。2階は機能性に着目した展示、1階はエレガンスに着目。…

パナソニック汐留美術館「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」

パナソニック汐留美術館「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」へ。こちらの美術館の夜間開館は初めて。割と人が多かった。 縦向きの写真が横向きになるのが直らないので、Instagramと同じ正方形に。。。 モダンデザインというジャンルについては知らないこと…

工芸青花「生活工芸の作家たち3:もよう」

生活工芸という言葉を近年聞くようになり、興味を持って、関連する展覧会を機会があるとき見に行っています。「工芸」という概念自体に混乱しているので、本当に見てみるだけ。。。と思って、工芸青花の展覧会「生活工芸の作家たち3:もよう」を訪ねました。…

マスク品切れだったけど。

離れて暮らす友人に、新型コロナウィルスの影響で東京ではマスクが品切れしてるとLINEしたら、すぐにドラッグストアを見に行って、私の分まで送ってくれた。しかも、他の除菌や予防グッズもいっぱい送ってくれて、その中に地元の果樹園で作られた美味しいも…

国立近代美術館工芸館「パッション20」

北の丸公園にある国立近代美術館の工芸館が金沢に移転のため、現在開催中の「所蔵作品展 パッション20」が最後の展覧会となるとのことで、訪問。 「工芸」ってなんだろう?と改めて思いました。美術との違い、現代アートとの境界、用の美、オブジェ、桃山復…

東京都現代美術館「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」

ミナペルホネンの服を実物を近くで見てみたかったのと、皆川さんに興味があって訪問。 ズラリと展示された今までの生地、洋服の数々に圧倒されたけど、年月を超えて普遍的な魅力があった。好みの問題で、現時点では、正直欲しいとか着たいとは思わない。でも…

出光美術館「やきもの入門」

出光美術館は収蔵品だけで見事な展覧会ができてしまう、豊かなコレクションを所有している印象がある。昨年若冲をたくさん所有していたプライス・コレクションを譲り受け、なお一層パワーアップされたばかりだけど、以前より陶磁器のコレクションは本当に素…

廃棄される新品の洋服に思うこと。

ガイアの夜明けで、廃棄される新品の洋服を買い取って、安い金額で売るビジネスが紹介されていた。その会社はメーカーや生産工場でキャンセルや納期遅れなどで店頭に出せず、ブランドイメージを守るために廃棄を余儀なくされる服がもったいないからと言って…

方針変更

毎日更新しようと思ってたのに全く続かない。長く書くのは時間かかるし、スマホで打つとどっと疲れてしまうので、これからは書きたいときに書くことにしよう。。。

アクセサリーをつけるというマイルール

私は毎日アクセサリーをつけて出掛けてる。それも可能な限り大振りの存在感があるやつを。ジュエリーとか華奢なキラキラしたものじゃなくて、好んで着る服がカラフルな柄ものが多いので、服に合わせて好きなものを自由につけるのがとても楽しい。今の仕事は…

自分のために頑張るということ

頑張るってなんだろうなと思うときがある。頑張る=辛いみたいな図式もあるけど、頑張る=楽しいということもある。誰のために頑張ってるのか?で違うんだろうか。誰かの期待に応えるためとか、試験に合格するためだと成果は他人軸にあるから、喜んでもらえた…

話すこと、聴いてもらうことは癒し

話すことや聴いてもらうことで癒されることがある。ただのおしゃべりや愚痴めいた話でも、共感したりされたり、ただ聴いてもらうだけで、心が軽くなったりする。実際に会って話して、時に笑ったりすることで、その効果は増すと思う。そして誰でもいいという…

25年の時が経ち。。。

今日1月17日に阪神淡路大震災が発生し、あの日からもう25年が過ぎました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に、未だ癒えぬ痛みを抱え歩み続ける方々の心の平和をお祈りいたします。当時私は学生で白馬の山小屋みたいな宿で居候バイトをしていて、…

お花を飾る小さな幸せ

今年やりたいことリストで【毎日お花を飾る】と書いたので、15日も過ぎてますがやっと実行。やっぱり生花があると空気が違う気がする。部屋が生き生きと華やいでる気がするし、机上で佇んでいる可憐さに安心したり、日々の変化も愛おしい。この空気を絶やさ…

破いたコートの修理に思う

先日、伸びない素材のタイトなコートの下に分厚いニットを無理に着て、案の定なのですが、袖下から袖ぐりが裂けました。。。(>_<)幸い生地は破れなかったし裏地も同色だったので、ストール巻いてやり過ごし、帰ってから袖裏をほどいて自分で修理。綺麗にでき…

日常的な読書の楽しみ

知識や新しい考えを知るためとは違う、リラックスして楽しむための読書も好き。最近通勤電車でスマホを見るより文庫本を読もうと思っていて、図書館で借りたりしてる。図書館は今現在書店に並んでないような本を見つけることができて、思いがけない発見があ…

やりたいこと100リストを作る私的効用

年始にあたって、「今年やりたいこと100」というリストを作成している人たちをSNSでちらほらとお見かけした。内容を公開されている方もおり、100もあってすごいなぁと思うのと、それって「やりたい」ではなくて「やらねば」なのでは?というのが混じっていた…

「Advanced style」ずっとオシャレに生きる

「advanced style」を図書館で借りて読みました。 個性豊かなニューヨークのシニア女性たち。大きいコスチュームジュエリーを複数つけたり、色鮮やかな配色のアイテムを身につけているけれど、それぞれの人生で築いてきたものに負けてないからご自身のものに…

Bunkamuraザ・ミュージアム「永遠のソール・ライター」

2017年に見て衝撃的だったソール・ライター展がまたあると聞いて、去年からずっとずっと待ち遠しかった。始まって3日目の土曜日午前中に訪問したけど、そこそこ人が来ていて、これはあっという間に混雑しちゃうなという感じ。モノクロもたくさん出ていて、シ…

心に響いた本2冊。エフォートレスな生き方とマルチポテンシャライト

昨年の終わりに読んだ「エフォートレスな生き方」と「マルチポテンシャライト」はとても響いた本だった。自分の気持ちに従うこと、他人目線を気にせず自分を生きることについて、そうしていいんだと改めて分かった感じがする。 これらを読んで、今まで私が頑…

体調について

大きい負荷やストレスがかかった時は案外持ちこたえてしまえるくらい、体は緊張感で自らを守ろうとしてくれてるんだと思う。 そういうことを乗り越えて、気持ちが安心してきて、大丈夫になってきたかも?って緩んだときに、体にかかっていた負担に気づくかの…

2019年心に残った展覧会

2019年もたくさんの展覧会を見ることができました。(ギャラリー含め70くらい) 感想を手軽なInstagramにアップしていたのでブログ記事が全くないですが、まとめとしてブログに書きます。 今年は好きなものを中心に、とはいえ古代のものや民族的なものも見れた…

神の采配?

この飴をよく下さる方がいて、「これを食べると元気が出るから」と言っていつも下さることが、すごい不思議だった。私の状況なんてまったく知らないよね?今心折れそうなことが続いてるって本当に知らないよね??と思って受け取っていた。実は分かってるの…

もう8月がくる!

今年になってほとんど投稿しないまま、もう明日から8月! 展覧会の感想はInstagramにアップして力尽きる毎日。。。それでもこちらにご訪問してくださる方がいらっしゃって、ありが 書きたいことはあるので、SNSを眺めてばかりいないで、ちゃんと書いていこ…

「音楽とマリー・ローランサン」マリー・ローランサン美術館

明日1/14(日祝)で閉館してしまうホテルニューオータニガーデンコートにあるマリー・ローランサン美術館へ。最初で最後の訪問になってしまいました。 マリーローランサンの人生を本で読み、絵も見たくなりました。 1883年にパリに生まれ、画家を志す中でブラ…

「タータン 伝統と革新のデザイン展」三鷹市美術ギャラリー

2019年の展覧会初めは、三鷹市美術ギャラリーのタータン展へ。 スコットランド発祥のタータンの歴史や、いわゆるチェックとは違いタータンには定義があり、専門機関に登録して使用していることなど、タータンの知識を学べる展覧会。 会場には100種類以上のタ…

【更新】2018年心に残った展覧会

12/9にベスト10を挙げて、展覧会はもう年内はおしまいと思ったのですが。。。 11月にいろいろ思うことありで、その流れから全く興味がなくかったものが見たいものに変化して、しかもそうして見たものがすごく良かった! それなので、改めて選び直しました。 …

「アルフォンス・ミュシャ展」小田急百貨店新宿本店

本年最後の展覧会はミュシャ展。自分でも意外です。 アクセサリーやジュエリーの歴史を知ることで、アールヌーボー期のミュシャの描く女性の装飾品が気になって見に行きました。 去年、スラブ叙事詩が来日しましたがその際は全く興味がなく、見てません。。…